復興支援ベースボールプロジェクト

被災地の野球少年・少女の思い出づくりを応援

於:アメリカ大使館、神宮室内練習場、東京ドームほか
開催日:7月31日(月)〜8月3日(木)

2011年3月11日に発生した東日本大震災から6年。東北被災地の小中学校では、グラウンドに仮設住宅が建設された影響により、体育の授業やクラブ活動が思うようにできない状態が今もなお続いています。NPO法人ハンズオン東京は、東北の野球少年・少女の思い出づくりを応援したいという思いから、昨年7月に、MLB、米国大使館などの協力のもと「復興支援ベースボールプロジェクト」を開催いたしました。

前回の「復興支援ベースボールプロジェクト」では、東北の野球少年(中学3年生)19名を東京に招待し、港区の同年代の野球少年22名との合同合宿を実施。元MLB選手によるアメリカ大使館での野球教室や、東北と港区の交流試合などを行いました。また、このプロジェクトでは、震災の風化を防ぐこと、災害時に自ら行動を起こせる、若い世代のリーダーシップの育成も目標としました。4日間におよぶ合同合宿での両チームの交流と、東日本大震災を経験した東北チームのプレゼンテーションを通して、参加者全員が防災への意識向上をともに考える機会を設けました。

2度目の開催となる今回は、2016年4月に地震の被害を受けた熊本からのチームも加わり、東北、熊本、港区の3つの地域の野球チームが初めて合同合宿を行います。昨年同様、野球教室や交流試合、交流会でのプレゼンテーションなど、被災地の野球少年・少女の思い出づくりを応援するとともに、「震災を忘れない」「若い世代のリーダーシップの育成」を目的とした活動を企画しています。

※昨年のレポートは[]をご覧ください。

※ハンズオン東京では、この活動へのご支援をお待ちしております。
寄付をする

【お問い合わせ/申込送付先】
特定非営利活動法人 ハンズオン東京
TEL: 03-3583-2135 / FAX: 03-3583-2127 / E-mail: info@handsontokyo.org
〒106-0041 東京都港区麻布台1-4-3 エグゼクティブタワー麻布台 402号